築地でええじゃないか! かわら版

「新宿港町行進」や築地場外、都庁前などで配っているかわら版をアップしています。転送・印刷配布ご自由にお使いください。

営業権で、移転を止める。

f:id:nowarsgnaction:20180720011547j:plain

今、場内で話題沸騰の築地市場営業権組合」
第三回学習会
講師:熊本一規先生(明治学院大学名誉教授)「営業権で、移転を止める」
今週末、7月21日(土)12:30~14:00、築地市場3F講堂。
業者でない一般の方も歓迎だそうです。
 
「大変なことになる」とまで脅す人もいるらしいのですが、「豊洲に行って大変なことにならないように」「築地に留まる権利を主張して、大変なこと(移転中止・延期)になるようにしよう」というものです。賛同する業者さんも続々増えているようです。
中央卸売市場は自治体が設立し、業者は認可を受けた店子という扱いにはなりますが、家賃を払って、なおかつ都民の食のために営業をしているのだから、当然、その場所で営業を続ける権利があります。
都内には11ヶ所の卸売市場がありますが、現在黒字なのは築地と大田だけ、と言われています。こんな条件のいい築地から「自腹で」引越し、というのがそもそもムリ筋。
また、17日に中央区役所で開かれた築地の地域向け(場外など)説明会でも、築地市場の解体計画があまりにずさんで(ただでさえ移転は地元にデメリットなのに)、ネズミなどの獣害やアスベスト、粉塵などで、場外がそれこそ「大変なことに」なりかねない、と、大紛糾。移転は、市場に直結している場外のお店の営業権にも関わってくることです。
「築地の仲卸業者が権利を主張するなんて」と思う方もいるかもしれませんが、ご自身の家の「居住権」のことを考えてみていただきたい。賃貸にしても、長年住んでいる持ち家にしても、まったく条件の違うところに「自腹で」引っ越せと言われたら困るでしょう。
 

f:id:nowarsgnaction:20180720011519j:plain

前回ご紹介した波除神社の獅子祭ですが、お祭のこんなひとコマにも、築地の便利さ、築地(とその地域)で営業するメリットが見えてきます。
公道でターレを使ってお神輿を運んでいいのは、築地だけです(上写真は場内です)。
もちろん近隣のお店への配達も、ターレで公道を走っていくからこそ、迅速にリーズナブルに運ぶことができます。豊洲からだと、築地場外の「マグロの一尾買い」をしているあのお寿司屋さんも海鮮丼屋さんも、わざわざトラックで(もちろんコストもかけて)配達してもらわないといけません。そのコストは、いずれ価格に上乗せされ、消費者にとっても損です。
 
移転説明会ではターレ2600台がいっせいに豊洲に移動、と簡単に説明されたようですが、引越し業者も決まらない(最大手企業がムリだとして引き受けない)状態で、実現の見通しがあるのでしょうか。
神輿がひとりで歩けるもんではありません。
**
引き続きこちらもよろしくお願いします。
連日熱中症のニュースが騒がれ、亡くなる方も出ている今年の夏。
炎天下に子どもを動員しての豊洲イベントなど、都庁の移転事業はすでに常軌を逸しています。
 
都庁に声を届けましょう
Send your Message to Tokyo Met-gov.
東京都的網站上発送信息
 
 
宛先はこちら。

築地は水の街

f:id:nowarsgnaction:20180716223247j:plain

6日に「魂抜き」が行われた築地場内の水神様の鳥居が、そんなにすぐやらなくてもいいのに、というほど素早く撤去されています。
 
水神様は文字通り、水の神様。
水というものは、人間にとって恵みであると同時に、御しがたいものであり、ときには人間の営みを破壊するほどの力をもったものである、ということを、このたびまた改めて日本のひとびとは思い知らされました。
 
水が御しがたいといえば、むしろ豊洲新市場。もともとの軟弱地盤に加え、現状の建屋の浸水壁が低いなどの問題から、地下水位が下がらず悪戦苦闘が続いています。「完了した」と言われる追加対策工事では、揚水井戸を増やしたものの肝腎の建物の下には掘れない(建物があるから)という矛盾が指摘され、効果のほども疑問。
逆に恵みの水を利用する点においても、築地では床を海水で洗浄し、衛生管理だけではなく、気温を下げる(打ち水効果。オープンな構造なのに、築地はこの真夏でもひんやりしている)、まさに人間の知恵が活きているのに、豊洲の床は海水が流せない、おまけに床の排水にも問題がある、という欠陥が新しくわかってきています。
だから早く水神様を手にいれたいと思ったのかもしれませんが、水の脅威を過小評価し、利用する知恵も排除した豊洲新市場。これが魚河岸といえるのでしょうか。
 
築地は水の恵みとともに営まれてきました。水産物を扱うことはもちろん、農作物の出来も水によって決まります。水害がおそろしいのはもちろん、農産物の不作や漁業における海難の危険もあり、また現在は少なくなりましたが、水産物や農産物を江戸/東京という都市に運ぶのには水運も大きな役割を果たしていたため、商品の流通のためにも水をなだめることが必要とされていました。そもそも、築地の土地を作ったのは住吉神社を信仰する摂津からきた海洋民でした。
 
今回は6月の波除神社獅子祭から、築地と水の関わりを見ていきます。

f:id:nowarsgnaction:20180716223427j:plain

今年は3日目の6月8日に「百数十年ぶり」といわれる船渡御(お神輿が船で川を進む)が開催されたことが話題となり、また、隅田川河岸にお神輿を載せた船が接岸して、水鎮祭がとりおこなわれました。
そのお神輿が船に乗り込んだのが、場内の船着場。今は使われる機会も少ないですが、もともとの「魚河岸」です(ちなみに、ふだんは見学者は入れません)。

f:id:nowarsgnaction:20180716223500j:plain

船といっても、いわゆる台船で、タグボート2隻が押して推進したり、絶妙なコントロールで岸に近づけたりします。
お神輿とともに乗り込んだ人々の雄姿、そしてその後ろには場内・場外の顔役の人たちが乗り込んだプレジャーボート。この方たちのうち、何人が7月の水神様移転を知らされていたのでしょうか。
本来なら、きちんとこの人たちにも了承を得て、立ち会ってもらってこその移転であるべきでした。

f:id:nowarsgnaction:20180716223711j:plain

今年の獅子祭は、築地だけではなく、東京のお祭としても珍しい大規模な船渡御が実現し、浜離宮に作られたお旅所から戻ってくるという、広い範囲をお神輿が巡って大いに盛り上がりました。
そのエリア、場外や周辺の人たちのいったい誰が、市場がなくなった方がいい、なくなったほうが得をする、などということがあるでしょう。
水神様のみならず、こうした幅広い関係者に対しても、この移転手続きは礼を欠いているのではないでしょうか。
 
  なお、築地本願寺の盆踊りは8月1~4日です。

水神様はまだ豊洲には行っていません。

f:id:nowarsgnaction:20180630230155j:plain

築地の神社といえば、先日の獅子祭で賑わった場外の波除神社。
そしてもうひとつ、波除神社とも切っても切り離せないのが、場内の水神社です。
 
先日6月27日、豊洲新市場への移転計画として、この水神社の「魂抜き」が強行されてしまいました。要するに、神様の立ち退き。
しかもこのやり方が、人間社会の通念としても大変に乱暴なもので、大いに問題となっています。

 

水神社は、後述するように神田明神の水神社の分社・遥拝所であり(神田にいる神様をここから拝む)、ふだんは無人です。お祭のときには神田明神から神職さんが来てくれます。しかし、ここはれっきとした築地市場の守り神であり、いわば築地で働く人たちが氏子。そして崇敬体(氏子会みたいなもの)は「魚河岸会」といって、多くの関係者が属しています。
先日の獅子祭で波除から水神社に遥拝に入ったときでも、このとおり。

f:id:nowarsgnaction:20180630230628j:plain

今回の魂抜きは、そうした人たちの合意はおろか、知らせることもなく闇討ち的に実施されました。立ち会ったのは卸と仲卸の会長。

遥拝所といえ、85年の由緒あるお社の、しかも築地のような大きな街で大勢の人たちが信仰して支えているものを、まったく非常識・非礼なやり方です。
場内では移転するとしても、水神社は9月、といわれていて、ほんとうに今回の件は寝耳に水であったそうです。10月までの三ヶ月、「神様なし」で商売をしろというのです。
神様というと、一見非合理的で迷信じみているかもしれませんが、日本では、築地のみならず各地の市場はもちろん、老舗の百貨店や企業のビルにも屋上に神社があり、商売を守っているとされています。迷信だというなら、築地市場だけではなく、日本の企業・商業文化そのものが迷信深いのです。
 
しかも前回2017年11月移転が決定していたときは、魂抜きの儀式を(ある程度は周知の上で)行おうとしたところ、突如水神社の上の架け屋根が破れるという事態が発生。結局水神社に触れる前に移転が延期になったという顛末があります。
今回の闇討ちはそのせいなのか? 神様にまで告知なしで強行したのかもしれません。
 
では、水神様は今どこに?
今回は築地に分祀した水神様が、神田に「お帰りになった」という儀式がなされています。
豊洲新市場にはまだ水神様の遥拝所がないからです。ちゃんと設計に組み込まれているかどうか、謎ですが。できたとしてもお手水がないとか梵鐘があるとか、とんでもない欠陥がありそうな気がしてなりません。
 
そこで、今回は水神様が「里帰り」している神田明神の水神社についてです。
f:id:nowarsgnaction:20180630231225j:plain
   築地の水神社と同じ波の文様。

f:id:nowarsgnaction:20180630232131j:plain

   水盤に「魚がし」の文字。

f:id:nowarsgnaction:20180630232242j:plain

   水盤の縁どりも見落とせない。

ご存知「お江戸の総鎮守」神田明神は、当初は大手町にあり、神田神社という名称でした。そこに、江戸時代初期・16世紀に開設された日本橋魚河岸の守り神として、水神社が設けられ、「大市場交易神」と呼ばれていました。
元和年間(17世紀初頭)神田神社が現在の外神田に遷座し、さらに昭和8年、築地に魚河岸が移ったあとも、江戸・東京のひとびとの食を支える市場の守り神として、水神様の本殿は神田明神にあります。
江戸の鎮守の時代から現代まで、都民の食を守っている。神田明神築地市場だけでなく、旧・神田市場(歴史ある青果市場・やっちゃば)の氏神でもありました。

f:id:nowarsgnaction:20180630232629j:plain

   神田明神の大鳥居。明神様にちなんだものではなく、波の文様で作られているのも、水神社の占める地位がわかる。

 
しかし、築地と江戸文化はさらに深い関係があり、水神様の由縁には、日本を代表する"あの"由緒正しきご一族が関わってくるのですが、それはまた次の機会に。
 
これほどまでに江戸・東京にとって重要な神様を粗末に扱った今回の一件。豊洲新市場のずさんさ、東京都民の食をも粗末に扱おうとする体質を露呈しているのではないでしょうか。
 
水神様は、まだ神田にいます。豊洲には行っていません。築地を再整備して築地の水神社もきれいになったところに戻ってこられるのが、一番よいのではないでしょうか。 
**
引き続きこちらもよろしくお願いします。パワースポット、伝統文化が好きな方もどしどし抗議してください。
都庁に声を届けましょう
Send your Message to Tokyo Met-gov.
東京都的網站上発送信息
 
宛先はこちら。
 
また、江東区千客万来施設をめぐる度重なる東京都からの不誠実な対応に「開場延期」の区議会議決を検討しています。こちらにもぜひ応援メッセージを送ってください。
 

かわら版5号

6.16なるほど築地でええじゃないか! 新宿港町行進にご参加いただいたみなさま、沿道でかわら版を受け取ってくださったみなさま、ありがとうございました! 幸い雨も降らず、暑くもなく、さすがに築地デモには水神様のご加護がついております。この点でもなるほど築地がええじゃないか!
 
当日配布したかわら版5号を掲載いたします。
 
すごろく面は大きくプリントして実際に遊んでみましょう。おさかなやターレなどのコマを自分で工夫してみても楽しいですよ。すてきな画像が撮れたら、ぜひ#築地でええじゃないか! をつけてSNSなどに投稿してください。
 
なるほど面の下半分は、従来の3号裏面の英語・中国語と同文です。
 
印刷・転送・配布はご自由にお使いください。表(なるほど面)と裏(すごろく面)でワンセットになっています。特にすごろく面はなるほど面にリンクするつくりとなっているので、片面だけでの使用はご遠慮ください。また、部分使用や書き加えての使用(この上に「小池はやめろ」と書き込むなど)はおやめください。
f:id:nowarsgnaction:20180625004021j:plain
 
f:id:nowarsgnaction:20180625004057j:plain
 
**
引き続きこちらもよろしくお願いします。
都庁に声を届けましょう
Send your Message to Tokyo Met-gov.
東京都的網站上発送信息
 
宛先はこちら。
 
また、江東区千客万来施設をめぐる度重なる東京都からの不誠実な対応に「開場延期」の区議会議決を検討しています。こちらにもぜひ応援メッセージを送ってください。
 

Send your Message to TOKYO(日本語・English・中文)

[都庁に声を届けましょう]

f:id:nowarsgnaction:20180615230020j:plain

6.16「なるほど築地でええじゃないか ! 」新宿港町行進かわら版をお受け取りいただいた皆さん !

 

ご存知のとおり、東京都はこの秋、築地卸売市場(場内市場)オリンピック道路建設のために壊し、駐車場にすることを計画しています。

移転先の豊洲は、ガス工場の跡地であるため土地がひどく汚染されており、東日本大震災(震度5)で液状化した弱い地盤で、追加対策を続けても地下水の水位が下がることがありません。

こうした対策費も含め、年間100億円の赤字とも言われる莫大なランニング・コスト。

そして建築そのものも、実際に働く業者さんたちの意見を聞かずに作られた欠陥だらけ、「これでは運用できない」という声が上がっています。

 

そして、築地を訪れた方ならわかるように、築地のすばらしいアクセスは市場としても大きな強みです。また、あの賑やかな場外市場との連結は、プロの買い出し人のみならず、観光客にとっても魅力です。

 

想像してみてください。

豊洲市場直送」のお魚が店頭や飲食店に出されていて、

皆様はそれを買いたいですか?

 

そこで、築地にいらして、築地を愛してくださる皆様にお願いです。

 

築地卸売市場は現在地にあってほしい」

というあなたのメッセージを、東京都に送ってもらえませんか?

あなたの声をお寄せください|東京都

あなたの立場、考え、築地を訪れた印象からの意見で充分です。

 

「嫌だけど、移転は決まっちゃったんでしょう」と黙ってしまっている方は、とても多いです。そうしてみんなが黙ってしまうと、実はみんなが嫌がっていることなのに、合意されたかのようにどんどん進んでしまいます。

 

場内・場外からは、豊洲を実際に見て、検討した業者さんたちから、今年10月の移転は無理、という声が日増しに高まっています。

今ならまだ止められます。

 

80年以上続いてきた伝統の築地市場

これは、東京の、日本のみんなの宝ものです。

この築地市場を守るために、力を貸して下さい。

 

[Send your message to Tokyo Met-gov.]

Hello everyone from abroad !

Thank you for taking our Flyer .

If you have time,it's recommended plan in Japan ,visiting Tsukiji fish market.

 

 

 You may not know, Tokyo Metropolitan Government has the plan

 to destroy the Tsukiji wholesale market (Inner market), in this autumn,

 for the construction of the Olympic road, 

and to change this place for a parking lot.

Can you believe such as destroying the Tsukiji market

 with tradition and vigor?

 

The new relocated market is built in a landfill Toyosu.

But the land of Toyosu, the Gas factory was located is still seriously polluted.

The building structures have too many problems to work,

 and the costs for running the market are awfully huge.

Many workers of the Tsukiji market think

 the Toyosu new market does not function.

 

So we would like to ask everyone who comes to Tsukiji and loves here, 

Please Help us !

While you are staying in Japan or after you go back to your home,

 please send your message 

“I wish to keep the Tsukiji wholesale market in this actual place”

 to the Tokyo Metropolitan’s Website,

Contact Us - Tokyo Metropolitan Government

or diffuse with your SNSTwitter, or Facebook, with #savetukiji.

 

Please save the Tsukiji market continuing in the future,

 that has the history more than 80 years until now.  

Tsukiji is the treasure for not only us in Tokyo, 

Japan, but for all of you in anywhere in the world.

Your voice will be a big power to SAVE TSUKIJI!

 

[東京都的網站上発送信息]

歓迎来到東京!

感謝您的光臨。

你来到築地市場

你有什么感想築地市場

 

您可能不知道、東京都政府計画在今年秋季鎖毀築地批発市場(内部市場)、用于奥運道路的建設、並将此地改為停車場。

你能相信像鎖毀築地市場和伝統和活力嗎?

 

新搬遷市場建在墳埋場、豊洲

但以前煤気工廠所在地豊洲的土地仍然受到厳重汚染。

豊洲的建築物的設計有多的問題為業務、運行市場的成本非常巨大。

築地市場的許多工人認為豊洲新市場不起作用。

 

所以我們問問来到築地並且喜歓這裡的毎一個人、請幇助我們!

 

在留在日本或回到家之後、請在東京都的網站上発送

「我希望将築地批発市場留在這個実際的地」的信息。(英文)。

Contact Us - Tokyo Metropolitan Government

你的SNS、Twitter,Facebook請発信和#savetsukiji。

 

請保存将来継続的築地市場、迄今已有80多年的歴史。

築地不僅是我們在日本東京的財富、也是世界上任何地方的所有人。

你的聲音将是一個巨大的力量為保持築地市場

なるほど築地はひとつの街 !

f:id:nowarsgnaction:20180615014433j:plain

いよいよ今週土曜日「6.16なるほど築地でええじゃないか!新宿港町行進」が開催されます。
 雨の予報も出ているので、行ける方は今から築地の波除神社と水神様に祈りにいってください!
 
さて、築地では6月6~10日、波除神社の獅子祭が行われました。
雨なら雨でテンションがあがる、と言っていましたが、お神輿が出たときはみごとに雨雲回避。さすが築地です。

f:id:nowarsgnaction:20180615014636j:plain

f:id:nowarsgnaction:20180615014753j:plain

8日に波除神社から、女性だけでかつぐお歯黒獅子のお神輿が出立。ふだんは見ることのできないお獅子の後ろ側は、弁天様。芸の女神であり、商売の、そして水の女神です。つまりお歯黒獅子も雌。それを女性だけでかつぐというイキな趣向です。

続いて宮司さんと年寄衆に先導され、お囃子の山車に続いてお神輿が登場します。お歯黒は波除通りを市場橋門のほうに向かいますが、お神輿は海幸橋門からすぐに場内へ。

f:id:nowarsgnaction:20180615015028j:plain

まずは水神社に拝礼。水神社は神田明神の分社なのですが、波除神社とも密接につながっており、まさにふたつでひとつ。場外(波除)と場内(水神社)を結んでいます。

f:id:nowarsgnaction:20180615015112j:plain

お神輿の担ぎ手さんは(こちらは男女混交)築地の各丁目の住人の方が中心なので、場外のお店屋さんの人もいれば、本願寺の裏手の住宅地の人もいます。しかし、場内を練るときの気合いと盛り上がりは、ひときわ高く、お神輿は仲卸棟の前を通って、大卸へ。
まさに築地の心臓に神様を巡行させているのです。
市場の中をお神輿が通る、この風景が築地の伝統であり、市場の中の市場であるゆえんではないでしょうか。
 
まさに「築地はひとつの街」
これは「築地女将さん会」の方の発言を、かわら版3号に引用させていただいたフレーズです。
英語面にはこのフレーズはないのですが、築地で配ったりアピールをしているときに、「場外はどうなるの?」と聞かれます。「場外は移転しません」と答えると、日本人の方は「ああ、よかった」とおっしゃる方もいるのですが、外国人旅行者からはほとんど「そんなのおかしい、市場と一緒じゃないと」と言われます。先月の波除アピールのときには「人間の体と頭と同じだよ」と、核心をついた言い方をした方もいます。
 
来年も、波除神社のお神輿を、場内に巡行させましょう。
 
このすばらしい巡行にはかなわなくても、イキとパワーのかけらでもいただいて、新宿港町行進でも、ぜひ盛り上がってください
 
お神輿はこのあと、隅田川へ。
これまた美しい光景でしたので、来週またレポートを掲載します。見てね。

築地の仲卸見学時間が変わります。

築地市場の仲卸見学は、これまでは10:00から。
目利きが選んだ魚や野菜の並んでいるプロの現場に誰でもいくことができ、一般消費者でも買うこともできる。すべての市場でこうなっているわけではありませんし、特に「世界の築地」が一般にも広く開かれている、というのはとても貴重なことでした。
残念ながら、今週金曜日6月15日から、「混雑緩和のため」仲卸への立ち入りは11:00からとなります。
11:00だと、商品も大幅に減っていると思われますし、後片付けに入っているお店がほとんどですね。
 

f:id:nowarsgnaction:20180612232553j:plain

 それにともない、おもに築地で配布している「かわら版4号」の裏面、英語・中国語と三ヶ国語(いちおう)MAPの面を修正しました。
手持ちがなくなっていたスクリーン・トーンも買えたので、地図もちょっときれいになりました。今後の配布はこちらをご利用ください。3号「築地はひとつの街」との表裏でおねがいします。
 
また、現在怒涛の5号を製作中です。
こちらはいよいよ今週末・「なるほど築地でええじゃないか!新宿港町行進」から配布開始です。
お楽しみに。
新宿港町行進は、6月16日(土)14時新宿・柏木公園集合!
 
**
引き続きこちらもよろしくお願いします。
都庁に声を届けましょう
Send your Message to Tokyo Met-gov.
東京都的網站上発送信息
 
 
宛先はこちら。

Contact Us - Tokyo Metropolitan Government

 

また、千客万来施設について、大江戸温泉がいちおう合意したとはいえ、あまりに不確実な話、翻弄され続けている江東区が、ついに

「移転延期」

を区議会で決議する方向で動いています。

江東区がんばれ、豊洲新市場ができてもいいことないぞ、の声を届けましょう。宛先はこちら。

区長への手紙(区へのご意見)